O脚治療

私は現在30歳前ですが随分O脚に悩まされてきました。
そもそも自分のO脚に気がついたのは高校時代で、それまでは親に「お前はがに股だ」と言われ続けていましたが、「だからなに?」と言う感じでした。
ところがあるとき学校の先生が私の後ろ姿を見て「がに股っていうか、O脚やな」と、つぶやいたのです。それまでO脚なんて聞いたことなかったので、自分で調べてみると愕然としました。
O脚によるデメリットはこんなものです。
・身長が3~5センチ小さくなる
・骨盤が開く
・使わないきん肉があるため、足首の内側などに脂肪がついてる
などなど…
つまりO脚を治療すればグンとスタイルがよくなるのでは?!
今までもう少し身長が欲しいと思っていたし、ぶよぶよの足首も少しはマシになるんだ!
と、嬉々としてそういう治療をしてくれる整体や整骨院を捜しました。
しかしO脚治療というのは保険が適用されず、しかも一回の施術ではなおりきらないということがわかってきました。
しかも何ヶ月かかかっても、歩行癖を直す訓練もしないとまた元に戻るそう…
いったい完治までにいくらかかるんだ!と思い、一旦は諦めました。
そして就職を機に、都市部へ引っ越すとクーポンカタログで『O脚一回の施術で効果テキメン!』とか『O脚治療5000円内で!』など良く見かけるようになりました。
費用も安かったので試しに治療院に行って施術してもらうことに。効果と言えば…
まっすぐ…とはいかないものの、だいぶマシに見えました。
足もいくらか細くなったし、腰回りもなんだかスッキリしたような…
靴の減り方も違いました。私も行ってよかった!長年の悩みが解決した!!と思ったのですが…
やはり数か月経つと元に戻っていました。
それから自分にいくらか余裕があったので、数ヶ月に一回治療に行くことにしました。
しかしある時、治療してくれていた人が変わって研修生(?)のような人に治療を受けてから痛いばかりで、あまり効果がなく、それがキッカケでなんだか無駄なことをしてるようだ…と思うようになり、治療に行かなくなってしまいました。
それから数年後、出産し、子育てに負われる日々で骨盤がなんだかダルいような足がダルいような…なんだかどの体勢でもしんどくなる日々が続きました。原因は自分でも分かっていました。
出産後、何のケアもしなかったので骨盤が開いたままだったのです。
そのダルさが日常に支障をきたしたので、やむなく子供を預けて近所のカイロに行くことにしました。
そこで受けた治療は抜群に効いて、そのダルさは一発でなくなりました。
わたしはこの先生は信頼できる、と思い、思い切ってO脚の相談をしました。
すると先生は意外なことを言いました。
「あなたはそんなにO脚じゃないよ。どーしても気になるならこうやって歩くといいよ」
私は「えええっ!?」と声がでました。
じゃあわたしの長年の悩みって…!?
それから、座り方やらちょっとした体操を教えてもらって今少しずつですが改善しています。
多分完治はしないけど、これ以上ひどくならないように努力していきたいと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*