O脚に悩んでいます

私は昔からO脚に悩んでいます。
中学くらいの時にとてもぶりっ子をしていました。
今考えたら恥ずかしいのですが、歩幅を狭くして内股で歩くのが可愛いと思っていました。
それで、歩く時は常に内股で、しかも歩幅が狭いのでチョコチョコした感じで歩いていました。
それが癖になっていて中学の間はずっとそんな歩き方をしていました。
高校に入って色んな人と知りあいました。
中学の頃には居なかったタイプの子とも話す機会がありました。
その子は何でもズバッと言うタイプの子で「何で変な歩き方してるの」って言われて、そこでやっと自分の歩き方がおかしいのだと気づきました。
ちょっと行き過ぎた内股で端から見たら気持ち悪かったと思います。
指摘されて急に恥ずかしくなり、急いで直しました。
しかし、成長期に3年間も過度な内股を続けたせいで極度のO脚になってしまいました。
どんなに頑張っても膝と膝が離れてしまって全然引っ付かないです。
どうすることもできず、O脚の矯正が出来ないまま高校時代をすごしました。
高校を卒業して専門学校に進学しました。
私の行った専門学校は絵の学校だったので、座っていることがほとんどでした。
家でもアヒル座りをしていたので、良くなかったと思います。
二十歳目前の冬に急に関節が痛み出しました。
それまで足が曲がっていても痛みを感じたことは無かったので焦りました。
寒さのせいにしても膝限定で痛いことに不安を覚えました。
親に相談したらやはりO脚が原因だろうと言われました。
これはもう放っておける問題ではなくなってきたので、本格的に直そうと思いました。
まず、無理な体勢で座らない、歩くときは内股にならないように真っ直ぐに、バレエのポーズをする、というのを実践しました。
無理な体勢にならないように座るのは、椅子に座るようになったら簡単に出来ました。
今まで地べたに直接座っていたのでそれが悪かったのです。
歩く時も内股はだいぶ改善されていたのであまり苦労しませんでした。
たまになってしまうのでそれだけ注意していればよかったです。
バレエのポーズは友達に教えてもらいました。
足を出来るだけ外側に平いて、そのまま数十秒動かないでいるだけです。
これで足の矯正ができるそうで、教えても貰ってから暇があればやっています。
確かにバレエのポーズをやり始めてから痛みはなくなりました。
若干矯正もされたようで、身長が1センチ伸びていました。
まだ膝は付かないので、付くようになるまで頑張って続けようと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*